土地選びに大切なこと

土地探しの前に考えておきたい条件の優先順位

土地探しの前に考えておきたい条件の優先順位 家を建てるのに必要な土地を探したい、その前にはまず何を重視するか、優先順位を検討して決めておく必要があるのではないでしょうか。
当然ながら土地は動かすことができませんし、一度購入を決めればそこに家を建てる他なくなりますから、慎重に検討することが不可欠です。
例えば面積も重要ですが形状だったり、どの面が道路と接しているか向きも軽視できないポイントとなります。
向きも変えることができませんから、日当たりを重視するなら特に、それも考慮して検討したいものです。
他にも地震の揺れに関わる地盤の強さも大事ですし、周辺環境との兼ね合いも無視することはできないです。
これらはまず項目を一通りピックアップして、家族で話し合いながら優先順位を1つ1つ決めていくことをおすすめします。
何を再重視するか、逆に重視しないかは家族の希望によるところが大きいですから、話し合いは避けられませんし、後悔しない為に時間を掛けて決めるのが正解ではないでしょうか。

土地規制法という法律についての概要と解説

土地規制法という法律についての概要と解説 土地規制法が2021年6月の参院本会議で可決され、土地に対して別途検討する必要が出てきています。
土地規制法は重要施設の周囲1キロや国境などが隣接する離島などを「注視区域」にして良し、土地や建物の所有者の氏名・住所・利用実態などを政府が調べることができるものです。
この法律が制定された背景には尖閣諸島の問題や竹島、北方領土問題などが背景にあります。
加えて、米軍基地や原子力発電施設など国防上重要と考えられる施設の周りについて国が悪することで安全保障上の防衛策として考慮したものになるのです。
これらの区域に一定面積以上を売買する場合や新たな建物を建築する場合などは、事前の申請が必要になるため注意が必要になります。
具体的には対象区域を想定する国境離島は484か所、防衛関連施設は500か所以上としていますが具体的なリストは非公開となっています。
条文自体も現状はあいまいなので、対象区域で売買を検討している際は注意が必要です。